克服体験談13

この変わりようにはびっくりです 中学1年生・女子

指導開始日:2018年10月9日 

再登校日:2018年1月31日

 

不登校期間:

​7月〜(3ヶ月)​

 

《初めのお母様からのお問い合わせ内容》

 

中学入ってすぐは朝早くから登校していました。

入ってすぐのテストでは学年で一桁でした。

嬉しい反面今後も10番以内に入らないといけないというプレッシャーを抱えていたようです。

もともと課題を積極的にする方ではなく、終わらせるのがきつくなってきたようです。

クラスも仲の良い友達ができず、楽しくないようでした。

《再登校後、お母様より》

 

再登校の日を迎えられて、とても嬉しく思っています。

再登校して4日目には、学校が終わってから技術の居残りまでしていました。

 

 

あれだけ学校行きたくないと言ってたのに、びっくりです。

これも○○先生をはじめ、もりおかんさん○○さん、学生さん達 

皆さまのお陰です。感謝しています。

 

 

学校に行きづらくなってきた時は、何をしても「うざい、うざい」と言って、表情も暗く。

自分の殻に閉じこもり、ちょっとした事でイライラして怒り出したり、まるで別人のようでした。

 

 

新しい環境や人にも慣れず、余裕がなかったのかもしれません。

昨年の7月に入ってすぐに突然行けなくなりました。

 

 

そんな毎日の中、知らず知らずのうちに

娘の機嫌をとりながら生活するようになっていきました。

 

 

小さな頃から、現在社会人の姉達とは違って育てにくかったのもあったので発達検査もしました。

 

 

スクールカウンセラーにも相談しましたが、

「無理させずに、来れる時に短時間でもいいから」

 

と言われたり

 

 

フリースクールへ体験で行ってみたりもしましたが、

「学校は、行っても行かなくてもいいです」

 

と子どもの目の前で言われてショックでした。

 

 

自分の子どもが不登校になった経験のない人達にお願いしてもダメだなと思いました。

 

 

人生が終わってしまったと思うくらい落ち込んで、周りの人に心配されるぐらい暗かった私ですが

大阪に面談に行くと決めてから、少しずつ落ち着いてきました。

 

 

支援を受けているから大丈夫との安心感があったのだと思います。

 

 

登校指導に来ていただいた後に、娘が

 

「怒られたわけじゃないけど、迫力があって怖かった。

でも、あの人が来て良かった。行くキッカケが出来た」

 

と言っていて

 

 

おかげさまで娘は目が覚めたように学校に行く気持ちになりました。

 

 

学校へ行きだしてから、何も言わなくても宿題に取りかかるようになり

 

 

後少し残っていても、今までは完璧にしないとダメだったのですが

「もうここまでで良いや」と言って、学校にいけるようになりました。

 

 

あれだけ学校に行きたくない理由をたくさん言って

行きたくないと言っていたのに、この変わりようにはびっくりです。

 

 

私から何も言わなくても、本人が自主的にやるようになりました。

GoTodayさんに復学支援をお願いして、本当に良かったと思います。

 

 

ありがとうございました。

《克服体験談1》

中学1年生姉と

小学6年生弟

《克服体験談3》

 いじめ、ゲームイベント中心の生活をしていた

中学3年生・男子

《克服体験談5》

1年以上長期不登校 中学2年生・男子 

《克服体験談7》

家庭内暴力 小学5年生・男子 

《克服体験談9》

心を閉ざしてしまった 中学2年生 男子

《克服体験談11》

​見守ることが自立につながる 中学1年生 男子

《克服体験談2》

1日中DS・Youtubeをやっていた

​小学3年生・男子

《克服体験談4》

昼夜逆転

​中学3年生・男子

《克服体験談6》

腹痛・頭痛・嘔吐 小学6年生 男子

《克服体験談8》

昼夜逆転・先生が怖い・暴言暴力 小学6年男子

《克服体験談10》

五月雨登校を繰り返していた 中学1年生 男子

《克服体験談12》

​再登校翌日、隠れていた 中学2年生 男子